2017年09月09日09時にノストラダムスの予言がヤバイんだが?

ノストラダムスの有名な、外れたと思っていた予言が復活!!

皆さんの中に、ノストラダムスの予言を知らない人は、いないでしょう。

1999年7か月

空から恐怖の大王が来るだろう、

アンゴルモアの大王を蘇らせ、

マルスの前後に首尾良く支配する為に。
Wikipedia 抜粋

ノストラダムスの1999年7の月は2017年9月9日??

1999年7月←アナグラムして

17年9月9日9時と解釈

マルス←火星と解釈

あれあれ?⁉

たちまち、北朝鮮のミサイル発射が囁かれている日(9月9日北朝鮮の建国記念日)とミサイルの名前と同じになりました…

マルスの前後に首尾良く支配する為に←これは次の通り解釈すると、北朝鮮が火星ミサイル発射前と後に

アンゴルモアの大王←トランプがトマホークを乱発❗

しかし、発射された恐怖の大王←火星核弾頭ミサイルが、空から降って来る。

と、解釈できる。

では、続けて解釈文を作ってみよう♪

ノストラダムスの新予言の妄想♪

17年9月9日の9時(又は9発のミサイル)

火星19号の核弾頭ミサイルが北朝鮮より発射される準備が整っているとして、

トランプ大統領の支持率上昇と共にアメリカが先制攻撃し、トマホーク数千発を北朝鮮に対し打ち込む。

それを、金正恩が察知したとたんに、火星型核弾頭ミサイル9発(火星19号)を発射!!

それを受けてトランプ大統領が大激怒し、北朝鮮を滅ぼさんとさらにトマホーク数千発を北朝鮮へ打ち込む!

ここまでが、管理人の妄想ですf^^

 

 

ポイントは、火星ミサイル発射の前後はアメリカの猛攻撃だが、一度発射されたミサイルは9発だとして何処に落ちるのだろう??管理人の独断と偏見と妄想で書いてみるf--

  1. ペンタゴン
  2. 東京
  3. 神奈川
  4. ハワイ
  5. サンフランシスコ

と、グアム×4(4発撃つって言ってるしf^^)

 

しかし、何処に降って来るかはわからないが、北朝鮮とアメリカが緊張状態である以上、備えていて、損はないだろう。

コメントを残す